A2ログ

ひたすら書評。

承認欲求をこじらせると危険なワケ

   

わたしはsnsコミュ障です。

snsでのコメントに素直に感情を表現することができません。

「これはどんな意味なのか?」「急に絡んでウザがられたらどうしよう」「ここでコメントしていいものなんだろうか?」

など、1つのコメントに対し色々なことを考えてしまいます。その結果、無言でログアウトすることなんて日常茶飯事です。すみません。

(でも挨拶だけはちゃんとしなきゃな、とは学びました)

 

snsコミュ障になったキッカケである「承認欲求」

副業を考える少し前の話。

色々事情があり出産をキッカケに仕事を辞め、家で育児をしながらひたすらイラストを描いていた時期がありました。

pixivやmixiなど、いろいろなところにイラストを投稿し、満たされぬ自己承認欲求を持て余す日々を送っていました。

承認欲求

人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。
承認欲求は、主に子供や何らかのハンデキャップを抱えている人々などの社会的弱者、劣等感に悩んでいる人間、そして情緒が不安定な精神病患者やパーソナリティ障害を持つ者に強いという傾向がある。その反対に、自閉症などの他者とのコミュニケーションが難しい、あるいは既に承認されたという経験があるので、それ以上の承認を必要としない人間は、それほど強い承認欲求を抱えない。
以上の理由から、承認欲求は先天的な欲求ではなくて、対人関係を学習する過程で育まれる後天的な欲求である可能性が高い。

Wikipedia参照

育児で孤独だったわたしは、唐突にある行動に出てしまったのです。

 

何を思ったかvipにスレを立て漫画を投稿

自己承認欲求をこじらせ、あろうことか叩かれるのを覚悟でvipにわざわざスレ立てをし、4コマ漫画(正確には3コマ)を晒したことがあります。

「vipで認められたら、世間にウケること間違いナシ!」と何故か確信した私は、時間制限つきのアップローダーで何度もテストし、規制チェックもし、ようやく投稿しました。

その漫画がこちらです。

 

01 「びょうぶのトラ」

01

02 「くわん、くわん」

02

03 「この橋わたるべからず」

03

04「水アメの毒」

04

05「ふたを取らず」

05

結果、わずか20レスでdat落ちしました。

いただいたコメント→「俺らが見たいのはそういうのじゃねえんだよ」

弟からのコメント→「vipで20レスももらったなんて凄ぇじゃん」

 

以上のことから得たものは、

自分が面白いと確信していることが、他人から必ずしも面白いとは思ってもらえない

ということでした。

 

・・・お目汚しすみません。

 - 自己紹介